Next generation technology

未分類

久保田昌治博士のご紹介

当社が水に関する様々な問題についてご指導頂いている久保田博士は、1960年代より日本の水研究の草創期をリードされ、日立製作所日立研究所に入所され主任研究員として原子炉洗浄用の水研究を主管。以後50年以上水の様々な機能を研究されてきました。
水で細胞を破壊する

米NIH傘下機関の新型コロナウィルスへの次亜塩素酸推奨文書が非常に分かりやすい説明なので解説します

アメリカの生命科学の最高権威とされる国立衛生研究所(NIH)が2020年6月25日に次亜塩素酸の空間噴霧を新型コロナウィルスへの対策として推奨しました。使用条件、安全性、有効性、等について分かりやすく解説していますのでぜひ参照してください。
2021.09.12
水で細胞を破壊する

米政府機関は次亜塩素酸をコロナ対策に推奨している

アメリカの生命科学の最高権威、国立衛生研究所(NIH)傘下のPMCが次亜塩素酸水を新型コロナウィルス対策として、室内噴霧、口腔消毒、眼の消毒等に有効で無害として推奨する文書を公開しています。これによる対策を否定するのはコロナの拡散行為です。
2021.08.31
水で細胞を守る

細胞を守る水の働きをオクラで対比実験しました

細胞を守る働きを持つ水の効果が目に見えて分かるのが野菜での対比実験です。今回はオクラでこの水を使い①種を8時間含浸②プランターの土に播種前に200cc散布③本葉3枚になってから週1回適量を葉面散布。現在収量が重量比で試験区が2倍以上です。
2021.08.31
水で細胞を守る

水で植物を守る

当社の植物用活性水は、紫外線照射による活性酸素の発生が抑えられるという公的実験結果があり、科学的に解明可能です。一般には水の効果は成分による、という常識は非常に強固なため、成分がなにも検出できない植物用活性水が理解されるのは非常に困難です。
2021.08.31
タイトルとURLをコピーしました